忍者ブログ

頑張りましょう

色々あるけど頑張りましょう!

結婚はオワコン!?

下記は、西欧先進国と日本における、「全出生数に占める、婚外子の出生数比率」、すなわち「結婚していない母親から生まれた子供の比率」です。

その数字が、1980年から2008年までの30年弱にどれほど変化したか、よーくご覧ください。


<婚外子の比率の変化>


スウェーデン  39.7% → 54.7%

フランス    11.4% → 52.6%

------------------------------------------------

イギリス    11.5% → 43.7%

オランダ    4.1% → 41.2%

米国      18.4% → 40.5%

ドイツ     15.1% → 32.1%

スペイン    3.9% → 31.7%

------------------------------------------------

カナダ     12.8% → 27.3%

イタリア    4.3% → 17.7%

------------------------------------------------

日本      0.8% → 2.1%


(ドイツは1991年→2008年 イギリスは、1980年→2006年、カナダ、イタリアは1980年→2007年、その他は1980年→2008年 データ:先進各国の婚外子の比率」)


上記データには、2つの注目点があります。

ひとつは、「西欧の先進国では、生まれる子供の半分近くが、婚外子になりつつある」ということです。日本では「結婚が出産の前提」だと思ってる人がたくさんいますが、他の先進国では既にそうではありません。


日本ではたった 2%しかいない婚外子が、5割、4割、3割という国が大半なのです。これは、西欧と東洋の違い、みたいなぼんやりした要素で説明できる差ではありません。

背景には明らかに、「結婚していない女性が子供を産む」ことへの法律や経済支援、福祉制度の差があります。上表のように、スウェーデンとフランスの婚外子比率が他国よりさらに高いのは、この二国に事実婚から生まれた子供を保護する包括的な制度があるからでしょう。


もうひとつ注目すべきは、1980年段階では、オランダ、スペイン、イタリアのように、婚外子比率が一桁と、非常に少ない国もあったという事実です。というか当時は、スウェーデンとアメリカ以外では「婚外子は10人に1人」ほどでした。

しかし、それらの国でも過去30年で婚外子は大幅に増えています。スペインやイタリアはカトリックの国で、婚外子は宗教的な観点からも認められにくい風土にあります。それらの国でさえ、ここまで劇的に状況が変わっているのです。



これって、何が起こっているか、わかりますか?


西欧先進国においては、すでに「結婚」という制度は、崩壊しつつある、んです。



結婚は過去の制度となりつつあり、もはや100年後に残っているとはちょっと思えないよねって感じの制度です。つまり、今どき「婚姻率を高めよう」なんて、完全に時代に逆行してるんです。

みなさん、“3世帯同居”って聞いたら、どー思います? 「ああ、うちも昔はそうだったよ」って感じでしょ。「3世帯同居が減ってるって? それは問題だ! 3世帯同居がどうやったら増えるか、みんなで知恵を出し合って問題を解決せねば!」って思う?

結婚制度も同じです。時代に逆行してまでそんなオワコン(=ブームの終わったコンテンツ)である制度を、再普及させる必要はありません。

結婚がいったいつ頃「みんながするもの」になったのか知りませんけど、今や「社会的な役割を終えつつある」ってことに、みんな早く気が付きましょう。



現時点で、西欧先進国に比べて日本で婚外子がこんなに少ない理由は、日本女性が「ぜひとも結婚してから、子供を産みたい!」と考えているからではなく、「結婚せずに子供を産める環境が整っていないから」にすぎません。


ここでいう環境とは次の2点です。

1.法制度的に婚外子は不利益を蒙る

2.シングルマザーが子育てするのは、経済的にとても厳しい


世間の目とかもありますが、それは上記が変われば改善されます。他の先進国のように「子供の半分は婚外子」になれば、子供がいじめられるとか気にする必要もなくなります。

法律を変え、シングルマザーを経済的に超手厚く保護すれば、日本でも数十年で(=みなさんの子供の世代では)婚外子が3割を占めるようになるでしょう。そしてその過程で、出生率が上がり、少子化は改善されていくのです。「子供を産みやすい社会」とは、そういう社会なんです。


日本にだって、「結婚はしなくていいけど、子どもはほしい」という女性は、今でもたくさんいます。それなりの経済力と勇気のある女性の中には、自らシングルマザーを選ぶ人も増えています。

でも、そういうことができる女性は、まだまだ少数です。一人で働きながら子供を育てるのはスゴく大変。

けれど、上のふたつの環境が変われば、結婚しなくても子供を持ちたいと考える女性は相当数いるでしょう。てか、今の時点で夫と子供がいる女性でさえ、「子供がいなくなるなんて、考えられない! 耐えられない!」けど、「夫がいなくなっても・・・まあね」って人はたくさんいるだすよ。


もっといえば、デキ婚の増加は、日本でも同じ意識が広まっていることを暗に(しかし非常に強く)示しています。

子供ができたら結婚するけど、(子供もできてないのに)結婚だけするってことの意味がよくわからない、という人が多くなってるんです。

「日本はまだ法律・制度的にも、そして経済支援的にも、子どもができたら結婚する必要がある。けど、子どもがいないなら・・・はて、なんのために籍を入れる必要があるんだっけ?」

という感覚に皆がなってきてるから、デキ婚が増えてるんです。


★★★


それにしても、最近あべっちから出てくる少子化対策はホントにおもしろい。


彼らは

・たとえ選択制であっても、夫婦別姓なんて絶対反対である

・保育所を増やすくらいなら、3年の育児休暇をやるから、家で子供の面倒をみろ

・「女は早く結婚しないと子供が持てないぞ」と紙に書いた手帳を女性だけに配るから、よく読んどけ

とは言うけれど、


・妊娠した時点で保育所の入所希望を出しておけば、一年後までに保育所を整えておきます! とも、

・子供のいる男性の育児休暇の取得実績が低い企業にはペナルティ与える! とも

・シングルマザーでも子供が育てられるよう、経済的な優遇措置を大幅に拡大する! とも

・婚外子に関する法律的な区別を一切なくすから、結婚前提にせずに子供つくってOK!

とも、ぜったい言いません。


なぜだって?


だって彼らが目指しているのは、子どもを増やすことではなく、“昭和”に戻ることだからです。 Back to the Future or 昭和?

下手すると、育児休暇を3年にした暁には、保育所を減らせるだろうくらい考えてそうです。「やっぱり3歳までは、子供は母親が育てるべきだろ。その後に、どうしても働きたいというなら働けばいいけどね」って感じ?


平成の次の年号が “昭和 2.0” だったりしないことを祈りたい。

いろんな意味で古すぎです。


そんじゃーね


・・・この地球はバカが多くなって、馬鹿が偉そうにしていらあ。おおいやだいやだ。

PR

もう6月だぜ

早すぎるなあ。

ところで、順位がガタ落ち。

パンダさん、ペンギンさん、遊びに来てもいいへどすぐ帰ってね(意味わかめ)。

1月に仕込んで、3月から成果が出始め、4,5月に一気にブレイクか。。。

やることをやって来たということだ。

俺はやってこなかったんだよ。

がむしゃらにだけじゃダメなんだな。当然がむしゃらは当たり前だけど。

ささ、頑張りましょう!!!

ダメダメな4月

35万じゃどうしょもないぞ!

手を動かさなかった結果だ。

ゴールデンウイークなんて言ってる場合じゃない。

いや、早く言えるように200だよ!!!

どうぞ代わりにみなさん、ゆっくりと休みを謳歌してください。

それにしても娘の病院、1日くらい休ませてあげようとか思わないのだろうか・・・。

ファイナンス

加齢臭の予防

50を過ぎるときつくなるなあ。

酒が抜けない代わりに毛が抜ける(涙)。

疲れが溜まる代わりに貯金はたまらない・・・どころか借金まみれ。。。

目は遠くなるのにおしっこ近い(爆)。

おでこが伸びる・・・いや、毛が生えない。

腹は黒いのに毛は白くなる。


あと気になるのが加齢臭。
なんといっても自分では気づきづらい。
今では色々と加齢臭 予防してくれるものがあるらしい。試してみようか。。

今年こそ

全ての解決をする!!!

そのためにやらなくてはならないことをしっかり把握、自覚し、早きを旨とし、行動!

生半可では達成しないからそのつもりで、それこそ死に物狂いだぞ!!

さあ、頑張りましょう!!!!!
  

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 頑張りましょう --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by PETIT SOZAI EMI / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]