忍者ブログ

頑張りましょう

色々あるけど頑張りましょう!

張本勲氏、大船渡・佐々木の“登板回避”に「最近のスポーツ界で一番残念だった」

野球評論家の張本勲氏(79)が28日、TBS「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。高校史上最速163キロ右腕として全国の注目を集めた大船渡・佐々木朗希投手(3年)が、25日の岩手大会決勝で出場を回避したことに言及した。

【写真】<大船渡・花巻東>試合後、タオルで涙を拭う佐々木

 張本氏は同番組のスポーツコーナーに出演。「最近のスポーツ界で一番残念だった」と指摘。「32歳の監督でね、若いから非常に苦労したと思いますがね、絶対に投げさすべきなんですよ」と言い、理由については「前の日に129球投げてますがね、予選(岩手大会)で4試合しか投げていないんですよ。合計450球くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星が800球くらい投げてるんですよ、ずっと一人で。これくらいの選手でね、ものすごい素質があります。ダメになった選手はいくらでもいるんだから。監督と佐々木君のチームじゃないから。ナインはどうしますの、一緒に戦っているナインは。1年生から3年生まで必死に練習して、やっぱり甲子園は夢なんですよ。言いたいのは、先発させてナインに早く点取ってやれと、3点でも5点でも。そうしたら代えてやることができるんだからと、言うこともできるからね」と説明。さらに「これは、私は先発外したのは間違いだと思います。ケガを怖がるんならスポーツやめた方がいい。みんなスポーツ選手は宿命なんですから」と持論を展開した。国保陽平監督(32)については「彼は米国の独立リーグにいたんです、だから米国流に考えているですよ。米国は消耗品だと思っているから」と話した。

 また、元ヤクルト監督の真中満氏(48)も「僕が監督でも投げさせたかったですね、ここは」と張本氏に賛同した。

 佐々木は24日の準決勝で「4番・投手」で先発出場し、129球を投げて完封。しかし翌日の決勝は出場せず、大敗を喫した。国保監督は登板回避の理由を「投げられる状態であったかもしれないが、私が判断した。理由としては故障を防ぐこと」と説明。佐々木は投げられる状態だったとしつつ「監督の判断なのでしょうがないです」と話した。

 同校には敗戦当日から翌26日までの2日間で、200件を超える意見が寄せられ「99%は苦情」(千葉貢副校長)。なかには「電話じゃ埒(らち)があかない。今から学校に行くから」と押しかける予告もあり、学校側は大船渡警察署に周辺パトロールの強化を要請する事態となった。

むずかしいなあ。
特に甲子園出場の01は天と地。
将来を見据えて?・・・先日胃がんだと言われたことを鑑みると、人間何があるのかわからない。ずっと今の生活が続くように思えるが、その日その日を勢一杯に生きること、生きていられる事の幸せをかみしめながら。
将来のビジョンは大切だけど未来は誰にも保障されてはいないのだから。。
PR

韓国で広がる「日本製品不買」 輸出規制に反発

日本が韓国向け半導体材料の輸出規制を強化したことに対し、韓国で日本製品の不買を呼びかける動きが出ている。ソウルの一部スーパーでは日本製ビールなどが撤去され、ネット上では日本旅行を自粛したことを誇る声もある。多くの国民は日本政府への不満と、日本製品や文化への愛着を分けており、現時点での影響は限定的だが、日系企業からは不安も漏れる。

【写真】ソウルの日本大使館近くで5日、日本企業のマークを描いた箱を踏みつぶして日本製品不買を呼びかける中小商業者団体のメンバー=東亜日報提供

 6日、ソウル市陽川区の住宅街にあるスーパーの売り場には、「日本製品を販売しません」と記された掲示が貼られ、日本製のビールや調味料などが姿を消していた。4缶1万ウォン(約920円)で売られていたサッポロビールが人気商品の一つだったが、店長は「国のために不買を決めた。売り上げは減るが、日本が『貿易報復』を撤回するまで続ける」と話した。

 同店も加盟する韓国マート協会などは5日、ソウルの日本大使館近くで会見を開き、日本製品の販売中断を宣言。日本企業のロゴが描かれた箱を踏みつぶすパフォーマンスが、全国に放送された。韓国メディアは、約230店が運動に参加し、近日中にコンビニなどを含め10万人の同業者が加わるとしている。

朝日新聞社

だからさ、貿易報復じゃねえって!あったまわりーな!!!

男性に聞いた「女性の痛い冬ファッション」ランキング

か細い指がのぞく萌え袖に、ふわふわの柔らかいニット。女性の冬服は、他の季節にはない可愛らしさがありますよね。でも、男性の視点は意外にも冷静なようで……。本当は言えないけど、実は彼女に着て来られたら反応に困ってしまう冬服も意外に多いのだとか。

 そこで今回、女子SPA!では30~40代の男性100名に対し、「ドン引きする女性の冬ファッションランキング」というアンケートを実施しました。

=====

Q. あなたがドン引きする「30代以上女性の冬ファッション」を選んでください(複数回答)。

10位 冬なのに「ミニスカート」 11%

9位 ルーズソックス・エアロビのような「レッグウォーマー」 12%

8位 脚の形が見えない「ワイドパンツ」 13%

7位 着膨れしまくりの「過剰な重ね着」 14%

6位 ディズニーなどの「キャラクターもののパーカー」 16%

5位 ぽっちゃりした人の「ニットワンピ」 24%

4位 野球選手のオフみたいな「犬柄のセーター」 25%

=====

 10位のミニスカートは、女性陣からすると意外な回答だったのではないでしょうか。男性ってなんとなく、女性の足もしくは胸の露出をしている服が好きだという印象があります。しかし、実際の感想としては、季節感の伴わない服や、寒さに負けじと無理をして露出をする姿に対して怪訝(けげん)な気持ちを持っている模様。

 8位のワイドパンツは、ここ数年の女性ファッションにおける主力中の主力である売れ筋アイテム。しかし、男性からすれば足のラインが見えないことに引くというよりは残念といった印象があるのでしょう。対して一定数の人気を誇るのがスキニーパンツですので、極力デートでは太すぎるワイドパンツは履かないほうが安全パイかもしれません。

 4位は「犬柄のセーター」。そんな服を着ている女性がいるのかと思いきや実はいま、犬柄セーターは10~20代前半を中心にプチブームを起こしています。90年代風のちょいダサめニットがリバイバルしている傾向から、少数派ではありますが好んで着用する女性を街中で見かけますね。ファッションの流行を分かり合える同性同士ならまだしも、男性は女性の流行の変化にはついていけません。個性の強いセーターは控えておくほうがベター。

 そんな犬柄セーターの上をいくドン引きファッション。3位~1位は一体どのようなアイテムでしょうか。

3位 オバチャンのスパッツみたいな「レギンス」 27%

 レギンスは一時期衰退していたものの、昨年から一気に再ブームへとのし上がりましたが、男性視点ではどうやらNGなようです。

 ワイドパンツもダメで、レギンスもダメという意外とジャッジが厳しい男性陣。確かに、レギンスはロング丈のワンピースの下から少しだけのぞかせる程度ならまだ良いのですが、レギンスをいわゆるボトム代わりに着こなすスタイルはなんとも生々しさを感じるのでしょう。色味もベージュやホワイト、グレーといった人気色がまた何とも言えぬオバチャン感を醸し出しているのかも。

2位 手入れ不足で「毛玉だらけのニット」 28%

 ここまでなんだかんだと、流行のアイテムにいちゃもんをつけてきた男性陣ですが、基本に立ち返って、「やっぱり清潔感が大事」ということを主張しています。つい着こなしやファッションアイテムのデザイン性に意識をおいてしまいがちですが、男性からみればそんなことよりも清潔な服で品の良さを出して欲しいということなのでしょう。

 デートに出かける前のチェック項目に「毛玉がついていないか」を入れておくと良さそうです。

1位 ド派手な「毛皮のコート」41%

 いかにもTHE・セレブ感のある毛皮のコートが堂々の第1位! 驚くことに回答者全体の半数近くにも及ぶ勢いでドン引きしているようです。

 毛皮のコートといえば、やはりお金持ちのイメージからか、「金銭感覚が合わなさそう」「高飛車そう」「TPOをわきまえていない」というネガティブ要素を誘発させる要因となっていそうです。

 とくに最近は、社会全体がエシカル(地球環境や人、社会、地域に配慮した考え)を啓蒙していることもあり、意識の高い男性によっては毛皮のコートを着ているというだけで嫌悪感を覚える可能性があります。

 服装はときに、お相手となる男性との価値観の違いを露呈させることにもなり得ます。もちろん人によって捉え方は様々なので、一概に着て良い服・ダメな服を挙げることは難しいですが、知り合って間もない間柄のうちは攻めた服装は控えて。シンプルで品の良い服装はクローゼットに1~2着は持っておいても良さそうです。

※【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2019年1月30日

有効回答者数:30歳から39歳 男性100名

<文&イラスト/角 侑子> 

【角 侑子】

(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

出典 女子SPA!

東京新聞記者の会見で閣議決定 司会者、今後も「協力」呼び掛け

政府は15日の閣議で、東京新聞の特定記者による官房長官記者会見での質問について「必ずしも簡潔とは言えない質問が少なからずある。今後とも長官の日程管理の観点からやむを得ない場合、司会者がこれまでと同様に協力呼び掛けなどを通じて、円滑な進行に協力を求める」との答弁書を決定した。

 自由党の山本太郎参院議員が質問主意書で「記者の質問権のみならず国民の知る権利をも侵害されかねない状況だ」と指摘したのに対し、答弁書は「内閣記者会が主催するもので、政府が一方的に質問を制限できる立場にない。あくまで協力依頼にすぎない」と反論した。

馬鹿がいるんだよね。大きな勘違いした馬鹿が。。
平和ボケの記者に、消えてもらいたい政治家。。。おう、嫌だ嫌だ。

ところでさ、韓国ってばかなん?
えっ?ネスタンバカ??
根っからの馬鹿。素馬鹿、単なる馬鹿・・・なるほどね。

ちゃんとした韓国人がかわいそう!!

平成最後の年賀はがき発売=枚数最低、五輪と連携―日本郵便

日本郵便は1日、平成最後となる2019年用のお年玉付き年賀はがきの販売を全国で開始した。

 東京・丸の内の複合ビル「JPタワー」で、人気アイドルグループ「嵐」の桜井翔さんや、女子バドミントンの奥原希望選手らを招き、販売開始のイベントを開いた。

 桜井さんは「年賀状には本当にたくさんの種類がある。平成最後の年賀状を楽しんでほしい」と呼び掛けた。奥原選手は「目標に向けた大事な1年になるが、日ごろの感謝を込めて送りたい」と語った。

 当初発行枚数は24億21万2000枚。記録が残る04年用以降で最少だった18年用をさらに7.2%下回った。

 日本郵便は減少に歯止めをかけるため、20年東京五輪・パラリンピックのマスコットを印刷した寄付金付き年賀はがきを用意し、お年玉賞品に五輪のペア観戦チケットを追加。くじの抽選は例年と同じ1月20日に行うほか、新元号記念として4月20日にもう一度実施する。

 料金は通常はがきと同じ62円で、寄付金(5円)付きは67円。 

・・・年賀状も少なくなったなあ。By印刷屋。。


http://timasei.blog.shinobi.jp/
  

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 頑張りましょう --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by PETIT SOZAI EMI / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]